日本の優れた商品を世界へ

「ヘルシーでおいしい」と世界中で認められている日本食は、2013年12月に「和食」が、ユネスコの無形文化遺産に登録されてから、その人気は確固たるものになりました。

SNSが普及し、来日外国人観光客が増加している現在、日本食や食文化に触れる機会が多くなり、本物の和食を求める人が、世界中で増えています。

また一方で、地球規模での環境保護や健康志向の高まりによって、地球と人に優しいオーガニックな暮らしや食生活が、海外では定着しつつあります。

こうした大きな流れの中で、日本食材に対しても、食品添加物や残留農薬について、世界の人々の目は年々厳しくなっています。

常に変化する海外のお客さまからの要望に合わせて、私たちは、原材料やパッケージ素材の変更など、フレキシブルな対応を心掛けています。

三国間貿易も含め、日本から一般食品、冷凍食品、調味料、アルコール飲料等に加えて、食器やホテル・レストラン用具を輸出しています。

主な取扱商品

海苔(巻、半切り、7切り、帯)

タレビン入りしょう油 (ビン型、魚型)

小瓶入りしょう油・お酢各種

寿司用ガリ生姜

抹茶(粉)

本わさび

ラムネ

海藻・わかめ

果物入りゼリー

ポテトチップス

米菓子

インスタントラーメン各種

酒類(日本酒・焼酎・梅酒等)

糸唐辛子

メンマ

マグロ

柑橘類(ゆず・かぼす)

和牛

包丁など厨房用品

高級割り箸